updated 2018-10-21
アクセス カウンター

第68回 全道造形教育研究大会 空知・岩見沢大会

日付 2018年7月27日 : 会場 岩見沢市立光陵中学校

 
7月27日(金)真夏の太陽が、とても暑い日です。岩見沢市立光陵中学校を会場に第68回全道造形教育研究大会が行われました。 幼稚園・小学校・中学校・高等学校から、7つの授業公開ありました。たくさんの子どもたちが、バスに乗って、会場に来てくれました。 全校児童10名の小さな学校は全校児童で、授業にやってきてくれました。 体育館では、大きな紙にローラースタンプを使って、楽しく描く活動が行われました。子どもたちの、笑顔が素敵でした。 体育館ではもうひとつ、夕張中学校の生徒が町の特産である「夕張メロン」を題材とした学習に取り組みました。 会場校の3年生が「心の扉」をテーマに、形や色、扉の開き方を考え、作品の構成を考えました。 授業分科会のあと、各分科会会場で提言が行われました。テーマにそってまとめられた提言があり、考えを深める熱い討議がありました。 会場校の特徴となっている、多目的ホール(コンサートホール)も授業会場となっりました。提言のあと「子どもの絵を語る会」として、それぞれに持ち寄った作品を交流しました。 高校部会では、日常の授業の交流に加えて、生徒の思いを表現する技法についても熱く語られました。 題材屋台もありました。各地区サークルが工夫を凝らして、楽しいブースを出しました。 教科書の題材をもとにした地区や、新素材を使ったもの、また今まである材料の活用法など、楽しみながら体験できた時間でした。 釧路市立美術館のキャラクター「ペキタ」も遊びに来てくれました。 会場の階段は、中学生が製作した階段アートで飾られていました。図工・美術教育の研究大会としての演出が素敵ですね。 全道19地区ある、サークルの活動の様子を交流するパネルのコーナーもありました。全道各地の熱い思いが伝わってきました。 真っ青な空と広大な畑の中に建つ「大地のテラス」がレセプション会場でした。会場に入るとおいしそうな料理がすでにたくさん並べられていました。 おいしい料理と素敵な空間が、たくさんの仲間との懇親を深めました。シュハスコ・フランクフルト、そしてお肉の料理を中心にほんとにおいしかったです。

 

たくさんのご参加ありがとうございました
7月27日(金)
        27.9MB   
 
 

新着情報 (最新3件)
 

 

 

 

 2018.4.28 UPDATE
 

たくさんのご参加
   ありがとうございました。
日 程 2018年7月27日(金)
会 場 岩見沢市立光陵中学校 
 
 

LinkIcon大会の様子はこちらから
LinkIcon空美の活動はこちらから

 
*****************
次年度の大会情報です 

2018.10.14 UPDATE
 

 


 
たくさんの方に作品展をご覧いただき、ありがとうございました。
子どもたちのみずみずしい感性をお伝えすることができたと考えております。
ぜひ、来年も足を運んでいただきたいと思います。
 
日 程 2019年1月11日(金) ~14日(月)
会 場 道新ぎゃらりー
 
奨励賞作品100点をHomePageにて紹介してしています。
 
 

 

 

2016.06.11 UPDATE
 
 

 
 

TEAM北海道パネル
地区サークルの活動報告を掲載しました

 
北海道には、19の地区サークルがあります。それぞれの地域性を生かした活動を行っています。
 
各地区サークルの担当者が活動を交流するネットワーク研修会(毎年2回)、各地区サークルの活動の様子を紹介するパネルを作成しています。地区サークルのパネルは全道大会の会場に掲示し、地区の様子を交流しています。