HOME > 43th-bijyututen


LinkIcon第43回北海道教育美術展・応募要項は、こちらから

北海道教育美術展も43回目を迎え、今回も「自分の思いをわたし流に表現」した作品が全道から数多く集まりました。審査は、本道の幼稚園から大学までのたくさんの先生がキーワードに基づき厳正に行いました。審査のポイントは、表現者である子どもの姿を大切にしながら、つぎの様に設定しました。

「北海道教育美術展」ということを前提として、審査を行っています。
・普段の学校教育活動の中で生まれた作品であること
・子どもの学年を考慮すること
を審査員が共通理解をし、審査にあたっています。

<幼稚園>
      「お話ししながら線や色で想いが描かれているか」
<小学校>
・低学年‥‥「遊びや生活の中で育んだ興味・関心を想いのまま表現しているか」
・中学年‥‥「表したいものを自分らしい見方・考え方で表現しているか」
・高学年‥‥「描くテーマがよりよく表れるように自分らしい工夫がされているか」
<中学校>
      「感動や対象への想いや満足感が作品を通し伝わってくるか」

一人一人のみずみずしい感性を大切に、個性が光る作品を生み出してくれた、全道の子ども達と先生に心より感謝いたします。是非、展覧会にお出でいただき、造形表現の“素敵”を実感いただければと思います。

LinkIcon第42回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから
LinkIcon第41回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから
LinkIcon第40回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから
LinkIcon第39回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから
LinkIcon第38回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから
LinkIcon第37回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから
LinkIcon第36回北海道教育美術展・奨励賞作品はこちらから